ブログ

溶連菌の潜伏期間は?感染したら出席停止?

こんにちは!千葉内科・在宅クリニック院長の辺土名です!

最近寒くなってきて、体調崩される方も多く、当院も発熱患者さんの受診が目立っています

その中でも最近増えているのが、溶連菌感染症の患者さんです。

よく溶連菌と聞くけど実際はどんな病気なのか、説明していきます。

溶連菌はどんな病気?

溶連菌とは、溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌で、その細菌が主にのどに感染し、熱が出たり・のどが痛くなったりする病気です。

場合によっては、体や手足に発疹が出たりします。

特徴としては、一般的に言われるカゼとは違い、咳や鼻水の症状は出ません。

また、舌が赤く、ぼつぼつしてきます。

扁桃にも膿がつきかなり赤くなります。

出血斑といわれる赤いぼつぼつがのどの奥にみられたり、首のリンパ節が晴れることも多いです。

溶連菌 潜伏期間

高熱が出ている期間は、他者への感染力も強いです。

主な感染経路は飛沫感染といわれており、日常生活で出る咳やくしゃみによって感染するケースが多くみられます。

子どもがかかるイメージが強いですが、大人も感染します!

大人の場合は、初期症状で頭痛が出ることも多いので注意が必要です。

溶連菌のピークは、春~夏、冬になります!

溶連菌 潜伏期間

溶連菌の潜伏期間は?

潜伏期間は2~5日と言われています。

急性期の感染力はとても強く幼稚園や保育園などで流行します。

溶連菌の症状は?

溶連菌 潜伏期間

症状は、前述した

・発熱(3歳未満はあまり上がらない場合もあり)
・体や手足に小さな赤い発疹
・舌に赤いぶつぶつ(イチゴ舌)
・のどの痛み
・リンパの腫れ
・腹痛や嘔吐などの消化器症状

急性期を脱すると

・落屑(らくせつ‐白い細かなかさぶたのようなものが剥がれ落ちる)

が認められます。

溶連菌で起こりうる合併症

溶連菌の一番怖いところは合併症です。

合併症としては、心臓弁膜に障害などを起こすリウマチ熱や、急性糸球体腎炎などにつながることがあります。

合併症を起こさないためにも、医師の処方通りに抗生剤を飲み切ることが一番大切なことになります!

溶連菌 潜伏期間

溶連菌になったら出席停止?

溶連菌 潜伏期間

子どもさんが多くかかる病気なので

気になるのはいつから学校にいけるのか、、、ですよね。

日本小児科学会の解説では

「適切な抗菌薬による治療開始後24時間以内に感染力はなくなるため、それ以降の登校(園)は可能である」

とされています。

なのでお薬を内服し始めてから、24時間経過していれば出席可能となります!

溶連菌の検査・治療なら千葉内科・在宅クリニックへ

溶連菌に関しては、現在検査キットが不足しており、身体診察での診断を当院では行っております。

喉の状態や、胸の音などを診て、溶連菌かどうか確かめます。

検査をご希望の場合は直接クリニックへお問合せください。

千葉県で急な往診は千葉内科・在宅クリニックをご利用ください

千葉内科・在宅クリニックでは、夜間休日の急な体調不良やケガの際にご自宅にお伺いして診察~処方までを行う夜間休日往診サービスを行っております。

ご自宅で処方までを行うことができますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

昨年末から溶連菌に感染する患者様が多くなってきています。

さらに、インフルエンザ、新型コロナウイルスなどの患者様も多くいらっしゃいます。

何かいつもと体調が違うな?と異変を感じて不安な場合はお気軽にご相談ください。

参考文献

キッズドクター|子どもが溶連菌に感染したら、家族は仕事を出勤停止になる?隔離期間は?
CLINIC+|溶連菌感染症ってどんな病気?合併症にも注意が必要
にのみや小児科・ひふ科|溶連菌感染症
土浦協同病院 なめがた地域医療センター|溶連菌感染症
塩野義製薬株式会社|こどもに多いのどの病気 溶連菌感染症のおはなし
MYメディカルクリニック|大人も気をつけて!溶連菌感染症

関連記事:感染症の分類や種類を簡単解説|なぜコロナは5類になったの?

関連記事:【喉の痛みや熱】子供が溶連菌感染症になったときはどうする?学校や保育園は休むべき?

関連記事:発熱の基準は何度から?外来に行くべき目安やよくある症状を解説

関連記事:熱が上がったり下がったりする原因や対処法を大人と子供に分けて解説

関連記事:急性扁桃炎の症状や早く治す方法を解説|急性咽頭炎との違いは?

千葉内科・在宅クリニック開院のご挨拶

初めまして!

この度、千葉市稲毛区園生町にて『千葉内科・在宅クリニック』を開院いたしました、院長 辺土名 盛之(へんとな もりゆき)と申します。

これまで三重県と愛知県で内科・在宅診療・救急往診に従事しておりました。

今回これまでの自身の経験を、より地域の皆様に還元していきたいと強く思い、開院させていただく運びとなりました。

医師を志したのは?

僕が医師を志した経験からお話させてください。

僕は沖縄県糸満市の母子家庭で育ち、幼少期はよく祖父母に預けられて育ちました。

大好きだった祖父は末期肺がんで僕が小学校6年生の時に亡くなりました。

「最後に大好きだった自宅の庭を見て人生を終えたい。」

それが祖父の願いでしたが、亡くなる前日に自宅に戻り、急変し救急搬送。病院で最後を迎えました。

私はその時何もできなかった自分が歯痒く、祖父や自分と同じ思いをする人を増やしたくないと思い医師を志しました。

大学で医学部に入り、何気ない日常を過ごしていましたが、ある日の講演会で、在宅診療という診療があることを知りました。

講師の先生は

『患者様が少しでも自分らしく、人生が豊かだったと思ってほしいと思って診察をしている』

と仰っていました。

正直その時は「いい考えだな」程度にしか思っていませんでしたが、実際医師になり、癌や病気の末期で苦しんでいる方、お家に帰りたくても帰れない方をみるようになり、自分に何ができるかを考えるようになりました。

そんな時に、

『在宅診療であれば病気そのものを治すことはできないかもしれないけど、患者さんに寄り添うことで、いい人生だっと思って貰えるかもしれない』

考えるようになりました。

また病院に行きたいけど、さまざまや事情で通院できない患者様がいることも知りました。

私はそういった方にこれから手を差し伸べていくことが使命だと思っています。

私はこれから地域に根差し、どの年代の患者様にも安心していただけるようなクリニックを目指していきます。

千葉内科・在宅クリニックスタッフ

日中は内科外来・発熱外来・在宅診療を行い、夜間は救急往診を『家来るドクター』と連携して行っていきます。

夜間/休日の『家来るドクター』ではご自宅で救急医療を受けられるサービスで、どなたでもご利用いただけます。

もちろん新型コロナ・インフルエンザの検査などの対応していますし、薬も処方できます。

地域の皆様の医療に対する不安に可能な限り応えさせていただきます。

何かあればいつでもご相談ください。

電話でももちろん良いですが、できれば一度是非当院へ足を運んでみてください。

辺土名(へんとな)という人間を一度みて、信頼できる人間かどうか判断していただけたらと思います。

『患者様を第一に考え、慮るクリニック』

千葉内科・在宅クリニックはこのコンセプトを大切にスタッフ一同、診療を行って参ります。

『このクリニックに来て良かったな』と思ってもらえるようなそんなクリニックを目指します。

本当にいつでもお気軽にご相談ください。皆様の人生の一助になれたらと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。

千葉内科・在宅クリニック
院長:辺土名 盛之(へんとな もりゆき)

〒263-0051 千葉県千葉市稲毛区園生町169-1